• w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

 BRUINの主に扱うZ系のメンテナンスに付いての基本姿勢について最初に述べたいと思います

 

 

 まず、お客様が求めているサービスを良く理解し、予算等をご相談の上、的確にアドバイスをし、最低限の出費ですむように心がける。 たとえば、Z1のエンジンOHを例に取りましょう。 もし、エンジンを全バラにし、現在入手可能な純正部品で消耗品をすべて交換するとします。部品代だけでも楽に数十万円になってします。 さて、Z1を週末や天気の良い日に乗りたいだけで、自分のガレージで眺めたり、磨いたりするのが好きなユーザーさんは、40年以上前に作られたバイクに現行バイクのような性能が期待されないはずです。もし、ハイスピードやシビアーな操作性を求めるのであれば幾らでも選択肢はあります。

  この手もZ系を所有されているユーザーさんの多くは、個人売買やネットオークションで購入され、どこまで整備され、どの程度が本来のコンディションであるか分からないまま乗られている方が結構おられます。 BRUINでは、そのようなユーザーさんに、最低限の出費で本来の乗り味を楽しんで頂けるお手伝いをしたいと思っています。 また、もっとアップ・グレードした走りにしたい方には、レーシングキャブレター、リアショック提案、その他、軽量化&パワーアップに繋がるドライブシェーンの軽量化等の提案も行っていきたいと思っています。

  最後になりましたが、BRUINではこの素晴らしきVintage Zをより多くのユーザーさんにその魅力と歴史を知ってもらい、古き良き時代の遺産の五感をくすぐる魅力を味わって頂き、粋なVintage Bike Lifeの提案とサポートをしていきたいと思っています。 

基本整備料金

 

Z系 腰上エンジンOH:

 

・作業工賃 100.000円~

 

  (オーバーサイズ・ピストンを使用し、ボーリングをしないケース)

  ・バルブガイド交換、バルブシートカット、バルブ摺り合わせ、バルブシール交換

  ・カムチェーン廻りのチェック&部品交換等は主な作業になります。

 

*交換部品に関しては、ユーザーさんの希望と予算をお聞きした上で決めたいと思っています。

 通常: 最低、ピストン・リングセット、バルブガイド、ガスケット等で5万円ほどは必要です。

基本車検費用

 

ここでは、通常の二年継続車検に必要になる料金をご説明します。

 

*今まで、BRUINでは、Z系以外の持ち込み車検はお受けしていませんでしたが、お近くの方お気軽にご相談下さいね。

 

 車検の諸経費実費


<実費>・・・車検を受けるために絶対に掛かってしまう費用


・自賠責保険(24ヶ月):14,110円
・重量税:4,400円
・印紙代:1,700円
→ 法定費用合計(非課税):20,210円

 

ライト等の調整(光軸調整)で2,000円

・車検代行手数料:2万円

 

オリジナル重視のZ1 or Z2 ノーマルキャブでお乗りのお客様へ

 

ノーマルキャブレターOH & 同調サービス:

 

・基本作業工賃&部品代(純正ニードル・ジェット、

   (ガスケット、その他)込み: 30.000円~

 

 

 

*以外と多いのが、本来の調子の良いオリジナルキャブでの走りを知らないで乗っておられるユーザーさんが結構おられます。 古いキャブですが、整備すればまだまだ良い走りができますよ。

 

*もちろん、Racing キャブ(CR,FCR,TMR等)のインストールもリーズナブル価格でお受けしています。